ゴルフスイング

ゴルフスイングとパワー

ゴルフスイングの話なのに高校の物体の時間に戻るようで恐縮ですが、速度は、力の大きさと「をかけている時間の掛け算で計算できます。つまりヘッドスピード=力×時間がゴルフスイングの基本の公式です。

ヘッドスピードを上げるためには、ゴルフクラブに加えるパワーを大きくして、パワーを加えている時間を長くすればよいといわれても戸惑いが先に立ちます。

パワーを大きくするためには、下半身と腹筋・背筋などの筋トレが欠かせないと言われてもそれをこなすだけの基礎体力がありません。

筋トレと同様に大切なのに見過ごされているのは、ゴルフクラブに力をかけ続ける時間を長くする点です。ゴルフスイング情報でもそう言っているので信じた方が良いのかもしれませんが。

これをを達成するためには、まず、ストレッチなどの運動によって筋肉の柔軟性を高めることが必要のようです。関節が持って生まれた可動域の限界まで動いてはじめて、ゴルフスイングの弧は大きくなるという理屈です。

次に、トップ・オブ・スイングからインパクトに至るまで、ゴルフクラブに力を加え続けることが必要です。ゴルフクラブに力をかけている時間を長くすると、ヘッドスピードはそれに比例してアップします。

しかし、わたくしなどの普通のゴルファーは、切り返した直後に、無意識のうちに力を抜いてしまうものです。これは、もう体が言うことを聞かないのである意味では仕方がないことです。

切り返しで勢いが増した腕とクラブは、重力と慣性によって動き続けようとするらしいです。これではヘッドスピードは上がらないと今日も叱られました。ヘッドスピードをリミットまで加速するには、フィニッシュに達するまで、気を抜かずに骨盤をターンさせ続けることです。

様々なコースを回る

ホームコースや行きつけのコースばかりに通っていると、得意なホールと苦手なホールが明らかになります。ゴルフスイングの上達はイコール苦手ホールの克服です。

苦手ホールは自分の弱点を映す写真機のような存在です。苦手ホールを敬遠するのはどうにもわかる気もします。自分の弱点をさらけ出しながら克服する努力を続ければ飛躍できるかもしれません。

ティーショットを、フェアウェイ右寄りに設置されたティーグラウンドから、左方向に斜めに打ち出すのが苦手という人の話を聞きました。このとき、OBであるフェアウェイ右の林を避けようとすると、吸い込まれるようにボールが右へ飛び出すそうで共感を覚えたことが今でも鮮明に記憶に残っています。

左を向いて肩をオープンにして構えるので、プッシュになったり、スライスを打ったりするそうです。ゴルフスイング中にボールが右へ行きそうだと本能が感じ取ると、今度はヒッカケで、左の林に打ち込んでしまうそうです。

慣れてくればティーショットを失敗することはめったになくなるようです。打ちっ放しのゴルフ練習場の端部打席で斜めショットの練習に励んだら良いと言われてしまいました。

グリップの基本

正しいゴルフスイングのスタートは正しいグリップからです。グリップはクラブとボディーを結びつけるただ一つの接触点です。ゴルフスイングのもたらす力を円滑にクラブヘッドまで伝えるには、正しくグリップすることが基本でありますが、作り上げる上で繊細さも要求されます。

グリップの基本は、まず左手のグリップからはじまります。左手は手の平で握るのではなく指を中心に考えた「フィンガーグリップ」を基本に考えると良いでしょう。特にしっかり握りたい指としては小指~中指の外側の3本です。

手の向きの確認方法としては、親指と人差し指のつけ根にできるV字の指す向きに注意します。確認方法はいたってシンプルです。親指と人差し指のつけ根に500円硬貨を挟んでみるだけです。

500円玉が自分の首筋の右サイドから右肩の向きにかかっていればOKです。とにかく、親指と人差し指のつけ根に500円硬貨を挟んでください。左手のグリップの方向を必ずチェックしてみましょう。正しく基本のグリップができていれば、おおよそ右肩の方向を指し示しているでしょう。

グリップエンドは指2本分(約3cm)を目安にして余った状態でグリップしてください。また、くどいようですが、小指~中指の3本は特に意識してしっかりと握るようにします。

スイングの軸は「あご」を意識

「あご軸」を意識することによって、ゴルフスイングの安定性が格段に高まります。肩と腰をうまくターンさせるには、ゴルフスイングの基本として中心となる軸になる部分がどうしても必要になります。

この軸として、「あご」を意識すると良い結果に結びつきやすいのです。身体の中では背骨を通過して、あごは位置や方向を敏感に感じとることができる部分です。さらに、スイング中に「あご」の方向をコンスタントにキープすることで、ボールに対する視線も安定したな状態をキープできます。

バックスイングのタイミングでも、あごの位置と向きを一定に保ったまま上半身を捻るとパワーが発揮できます。そして、ゴルフスイングがダウンからフォローに移っても、あごは動かさないで一定の位置を保つようにしましょう。

こうしたゴルフスイングをいつも心がけていると、体の中でも小さい部分である「あご」でも、最終的にゴルフスイングに太いしっかりとした軸を形成することができるはずです。このサイトで紹介するどのレッスンでも、あご軸がゴルフスイングの基本となります。

バックスイグで回転軸のブレを防いで、しっかりと安定感をキープするには、右足の踏ん張りが必要であり、右サイドのがまんがいります。これが「右サイドの壁」です。右サイドの壁はあご軸を意識することではじめて形成することができます。

基本のポイントとしては、軸を中心とする回転運動がゴルフスイングです。あごで不動の軸をイメージ出来たら、安定したゴルフスイングを作り出すことができます。あごの方向を確実に保ちながら上半身を捻りあげる動きをしてください。

ゴルフスイングのメニュー